債務整理着手に際して

無料相談を通じての具体的な債務整理の着手に際しては、その場で即答から依頼せねばならない決まりはありません。一旦帰宅から十分慎重な検討を重ねる、他の法律事務所の無料相談を複数回受けた上で依頼先を決定するなど、その後の対応の最終決定権は、勿論相談者自身が有しています。但しこうして日数が経過する中、例えば金融業者からの借入が焦げ付いている場合、法律で定められた上限内の遅延損害金すなわちペナルティの加算が続き、最終的にいざ債務整理に着手する時点での状況悪化が否めません。焦りも無意味な日数稼ぎも禁物である点をしっかり踏まえておいてください。

正式依頼に際して必要な手続きや、前払いを要する費用面に関しては、各法律事務所によって異なります。時に無料相談に際し「その場でのご依頼を想定してこの程度の金額と印鑑を予め当日持参してください」的なインフォメーションがなされる事もありますが、即日依頼せねばならない義務はありません。あくまで法律事務所側は一刻の猶予も許されぬ状況を想定してのアドバイスですので、無用に警戒する必要はありません。あくまで皆さんご自身の人生に生じてしまった想定外の状況ですので、あくまで自己責任での最終判断が望まれます。法律事務所が無料で提供してくれるアドバイスは、あくまでそのために必要な知識関連限定だと捉えておいてください。