債務整理着手に際して

無料相談を通じての具体的な債務整理の着手に際しては、その場で即答から依頼せねばならない決まりはありません。一旦帰宅から十分慎重な検討を重ねる、他の法律事務所の無料相談を複数回受けた上で依頼先を決定するなど、その後の対応の最終決定権は、勿論相談者自身が有しています。但しこうして日数が経過する中、例えば金融業者からの借入が焦げ付いている場合、法律で定められた上限内の遅延損害金すなわちペナルティの加算が続き、最終的にいざ債務整理に着手する時点での状況悪化が否めません。焦りも無意味な日数稼ぎも禁物である点をしっかり踏まえておいてください。

正式依頼に際して必要な手続きや、前払いを要する費用面に関しては、各法律事務所によって異なります。時に無料相談に際し「その場でのご依頼を想定してこの程度の金額と印鑑を予め当日持参してください」的なインフォメーションがなされる事もありますが、即日依頼せねばならない義務はありません。あくまで法律事務所側は一刻の猶予も許されぬ状況を想定してのアドバイスですので、無用に警戒する必要はありません。あくまで皆さんご自身の人生に生じてしまった想定外の状況ですので、あくまで自己責任での最終判断が望まれます。法律事務所が無料で提供してくれるアドバイスは、あくまでそのために必要な知識関連限定だと捉えておいてください。

無料相談が可能な範囲

借金問題をお抱えの方々の中には「法律事務所の無料相談イコール費用を負担せずに弁護士が債務整理に力添えから問題解決に至る事が出来る」と期待したいのが偽らざる本音である事は重々理解出来ます。しかし弁護士の仕事はボランティアでは無く、国家資格と専門知識を用いての相談者すなわち皆さんへの応対である以上、当然無料相談が可能な範囲は限られます。

具体的にどの程度まで無料でアドバイスが仰げるのかは、各面談に於ける質疑応答によって微妙な差が生じます。一般的には相談者が置かれた現状を正しく認識して貰う上での状況説明、そしてヒアリングした内容に基づき、複数の選択肢が存在する債務整理各々に関する説明までは無料で確認出来ると捉えて大丈夫です。そこからどの方法を最終選択するのか、相談に足を運んだ法律事務所に解決を委ねるか否かなどに関しては、無料相談を越えた次のステップすなわち、正式な依頼段階のお話となります。

法律事務所も当然、正当な営利目的の民間企業であり、無料相談を窓口に正式な依頼を募って当然です。無料相談を通じ、その法律事務所に正式に債務整理を依頼した際に必要となる費用面のシステムの説明も届けられますが、これは決して強引な勧誘行為ではありません。

債務整理を理解する

債務整理という言葉は誰もが耳にされたご記憶をお持ちかと思います。これは債務すなわち借金の返済に窮し、継続的な返済が現実不可能となった場合、債権者すなわちお金を貸した側との話し合いからの譲歩を得た後、残金の返済方法を見直し再度仕切り直す、あるいは免責すなわち容赦してもらう事で債務を失くす作業です。但しこれでは債権者側の金銭面その他の不利益が否めず、債務者側には債務整理に際し、経済社会に於けるペナルティが課せられます。

債務整理にはお金の貸し借りに際しての契約上の取り決めや、法律で定められた金利その他に関する細かな規定が絡みます。債務者自身が独力でも債務整理に臨む事は可能ですが、迅速確実に作業を進めるに際しては、やはり法律事務所すなわち弁護士の力添えを仰ぐのがベストです。こうした窮地に立たされた方々にとってベストな解決を届けるべく、全国各地の法律事務所では所属弁護士による無料相談サービスを実施から、1人でお悩みの方々からの相談に対応しています。借金問題は放置すれば日々状況悪化が否めず、早期対処が欠かせません。万一今後返済に窮する可能性にお気づきであれば、少しでも早い段階で無料相談を利用される事をお薦めします。

法律事務所と債務整理

平穏な日常を過ごす私達にとって、法律事務所は別世界あるいはニュースやテレビドラマの向こう側の存在と感じられるかも知れません。事件や事故を伝える報道に登場し手コメントを伝える、あるいはテレビタレント的な活躍を見せる彼等の存在はやはり、どこかしら別世界の人達と映っても不思議ではありません。ですが私達の戸の平穏な毎日は「法律」なる強力なプロテクトあればこそ叶えられる環境であり、無法地帯なる四文字から連想される世の中とならぬ上でも、法律の遵守と、この法律なる時に難解な規律の専門家である弁護士の存在は欠かせません。

そんな法律と専門知識が欠かせないのが、借金すなわち債務に関して生じるさまざまな事象に対する適切な対応です。お金を貸した側すなわち債権者と借りた側の債務者双方に、一方的な不利益が生じぬよう、基本中の基本である「借りたお金には所定の利子を添えて期日までに返済せねばならない」の遵守が当然求められます。ところが時に諸事情で、悪意無く返済が難しい、あるいは不可能となる債務者が生じるのも経済社会の現実です。こうした窮地に立たされた債務者への力添えから、債権者と双方にとってベストとは言えずとも、現実可能な最もベターな解決法を模索から実践してくれるのが法律事務所の弁護士なのです。

ここでは債務整理の必要性が視野に入ってしまった方々にお薦めしたい、法律事務所が届ける弁護士の無料相談サービスの活用に関する基礎知識をご紹介します。現在特に金銭面の問題を抱えておられぬ皆様を含め、ぜひご一読からご記憶いただければ幸いです。